赤ちゃんがえり?web子育て相談より

2020.11.10

ー赤ちゃん返り?

泣き叫びだしたら…

理由など聴くのはあとにして…無条件に、ギューウッ❣️って

今回は、およそ3歳女児のお母さんからのご相談…
赤ちゃんが産まれて半年、里帰り出産でした。
地方にお住まいだった環境から、おじいちゃんおばあちゃんの居る家の近くで、過ごす事になりました。

※以下の文章内で、女児をRちゃんと呼びます。

Rちゃんは、お外遊びが大好き…お母さんのやる事は、何でもやりたがります。
例えば、掃除機をかけ始めると「私がやりたかった〜」と、取り戻せない時間軸を理由に、「ママがやっちゃったから」と言い始め、泣き叫びます。
特に、想いが叶わなかった時にパニックした様に、泣き叫びます。何を言っても同じ様に、泣いています。

赤ちゃん返りは、
2から3歳におこりやすく、小学生までおこる現象で、継続期間は1か月かI年以上続く場合があります。
ほとんどの場合
○スキンシップを求める
○出来る事をやらなくなる
○わがまま欲求の主張が増える
○機嫌が悪くなる
○スムーズに、寝られなくなるなどの様子が見られる様になるとされている
一方、赤ちゃんに対しては、無条件に可愛がられていると、感じているようです。

以前、第二子のご入院中の
方には、以下の様にお伝えしていました。
無意識のうちに、声の調子は赤ちゃんに向けられる時と、上のお子さんに向けられる時では、差が出てしまう様ですが、気づく事が少ないので…赤ちゃんとお母さん2人様子を、少し離れた所で見ている上のお子さんは、すごくうらやましいと感じながら観ているので、注意をはらってください。と…実は

出産直前まで、お兄ちゃんお姉ちゃんを、小さく感じこれから、大丈夫かしら?と気遣っていたのに、赤ちゃんを見た途端に、急に大きくなった様に感じる、魔法の様な瞬間が、ありましたか?とお尋ねしていました。その無意識の感覚の変化が、赤ちゃんに比べて上のお子さんは、「何でも出来る子」または、「お話すれば理解できている」と感じさせてしまうのではないでしょうか?

家族が増えて戸惑っているのは、大人も同じです。
今までの生活が
箱の中にギューウっとうまく収まっていた3個の玉だとしたら、赤ちゃんが産まれて、4個目を入れる時に箱を揺すって収まり良くしようと行動します。
慣れて、うまく生活が落ち着くまで、「甘えと」「自立を」繰り返しながら、次第に家族の中でのポジションが決まっていくのだと思います。
だからこそ、無条件にギュ〜って、「大切なんだょ」と実感させて欲しいと思い、その様なアドバイスをしました。

物の本には
○叱らない
○スキンシップを増やす
○上の子とだけの時間をつくる
○肯定的な言葉を増やす
○ありがとうと言うや、褒める
○周囲に助けてもらう
○お母さんのストレス解消
の方法を見つける
○やって欲しいと要求されたら、出来るだけやってあげる…
などなど
そのどれも、考えると出来なくなるくらい、泣き声は辛くなり…時には、可愛くない気がしたり、考えすぎずギュ〜って、お子さんの全部を包んであげてほしいと、お伝えしました。