風疹が流行しております

2018.10.15

スタッフブログ

今年は風疹が大流行しており、すでに昨年の10倍以上の感染者が出ていると国立感染症研究所から発表されております。
30代後半から50代前半の男性が抗体保有率が特に低く、流行の中心となっています。

 

妊娠初期の妊婦さんが風疹に感染すると、難聴や心疾患、白内障、発達障害などの先天性風しん症候群の赤ちゃんが生まれてくる可能性があります。

 

妊婦の感染予防を一層強化し、先天性風しん症候群の発生を予防するため、各自治体に助成制度が設けられています。

 

世田谷区では、妊娠を希望している女性やその配偶者・抗体が低い妊婦の配偶者は、風しん抗体検査費用が区によって全額助成され、無料で受けることが可能です。

 

http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/105/146/624/d00131812.html

 

また、抗体価が低かった女性のため、風しん予防接種費用の一部助成も行われているそうです。

 

http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/105/146/626/d00124886.html

 

 

赤ちゃんを希望している方は、こういった制度を利用することも検討してみてはいかがでしょうか?(by スタッフ)